理事長あいさつ

理事長 髙田	邦洋

 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 みちのく銀行では、2006年10月の統合30周年を機に、地域の皆さまにこれまでのご愛顧に対する感謝の気持ちを、具体的な形として表明したいとの方針のもと、基本財産10億円を出捐し、「財団法人みちのく・ふるさと貢献基金」を2007年7月26日に設立いたしました。

 当財団は、「地域貢献活動への永続的支援と地域の発展のために」という活動理念に基づき、青森県内の個人、団体、NPO法人及び企業等の皆さまを、助成金を以って永続的に支援し、地域の健全な発展・活性化に寄与していくことを目的としております。

 2011年4月1日からは、新公益法人制度に基づき青森県知事より公益財団法人としての認定をいただき、「公益財団法人みちのく・ふるさと貢献基金」として新たにスタートしております。

 具体的な事業といたしましては、地域資源の活用や、医療福祉・環境に関連する活動を支援する①「教育・福祉・環境助成事業」、地域医療分野における学生の経済的な支援をする②「育英奨学金助成事業」、新興企業および事業拡大を目指し開発・研究を行う事業等を支援する③「地域振興助成事業」の3つの助成事業を柱として取り組みしております。

 皆さまからのご応募を心よりお待ちしております。

助成事業

財団について

情報公開

受賞先の紹介

アクセス

ホーム